パパママ薬局の後継者不足

スポンサーリンク
パパママ薬局の後継者不足 事業譲渡のメリット
Question
Question

Q:後継者不足が進んでいるのは本当ですか?

 

Another Step
Another Step

A:1990年代から加速的に広まった医薬分業ですが、そのころ会社を建てた薬局経営者が30代であった場合でも30年経った今、還暦を迎えております。薬局経営者の高齢化も深刻であり、後継者に悩む経営者は多数存在いたします。


 

Question
Question

Q:パパママ薬局でも収益は成り立つのか?

 

Another Step
Another Step

A:個人経営の薬局では基本料41点、地域医療体制加算35点を取得できる可能性が非常に高いため、処方箋枚数が少なくても利益を計上できます。
また譲渡した場合、個人経営の店舗では現在の売上がそのまま収益として計算を行うことができます。
店舗にもよりますが、ジェネリック加算やインテリジェントフィーで大きく収益を増加することできると考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました